皆様こんにちは。
ゴールデンウィークも終わり、じわじわと夏が近づいてきております晴れ
急に暑くなったり、朝晩は冷えたり、体調を崩す方も多いようです。
気を付けましょう〜。

さて、今回は築○十年の一軒家。
再建築不可なため、老朽化が進んでおります。
今年は梅雨らしい露になるとの予報も出ているほど雨が多くなりそう雨
外壁の劣化で雨漏りが心配ですね。
でも今ならまだ大丈夫手
外壁を補修&塗装でこんなにきれいに蘇りましたき

塗装前 陽の当たらない北側などは苔も・・。
    

それがこんなに綺麗に!
    

安心して梅雨を乗り越えられますねてれネコ
外壁の塗料は家や建物の洋服のようなものです。
人間だって裸では、風邪も引くし、怪我もします。
(捕まっちゃうけど・・それは置いといて)
洋服は、体を守る他にも色や柄で個性も出せます。
家の外壁は熱や寒さはもちろん、雨や風、様々な天候や自然現象から
大切な家を守ってくれる、とっても大事な役割をしています。
もちろん、色や柄で個性も出せます。
でも、その自然環境の雨や風、太陽熱で劣化してしまうのです。
洋服が破れたり、穴が開いたら大変です。
一般的には10年をめどに外壁の塗り替えをお勧めしていますが、
日当たり条件や地域環境などで多少、劣化の速度が変わってきます。
外壁を指で触って、粉のようなものがついたら劣化のサインです。
大事になる前に、ぜひ当社にご連絡、ご相談ください。
大切な家を守るアドバイスをさせていただきます。


昨年も、梅雨や台風などで雨漏りしてしまった、というご相談をたくさん受けました。
梅雨の時期は、施工するのに天気のいい日が少ないので、何日も雨漏りの中で生活する
羽目になってしまう場合もありますのでご注意ください。
病気もそうですが、早め早めの対応が大切です!
(費用の面からも早めのほうがいいですよ)



                                                たま




 
コメント
コメントする